ヒロログ

旅行、カメラ、ドローン、ガジェット、システム、etc.

大河ドラマ西郷どんを追いかけて鹿児島へ(前編)

4月に1泊2日で鹿児島を旅行してきました。

NHK大河ドラマ西郷どんで盛り上がる鹿児島。縁のある場所を含めて色んな場所を巡ってきました。

鹿児島県は面積がかなり広く、あまり欲張りすぎると行ける場所が限られます。今回で鹿児島県は4回目なのですが、そんなことをあらためて思い知らされました。

でも、鹿児島県は雄大な桜島をはじめ自然が豊かで食べ物も美味しく、とてもいいところです。今回の記事では1泊2日の1日目を前編部分として書いてみます。

目次

大阪からの往路

今回はPeach航空のMM191に搭乗しました。大阪(関西国際空港)を7:00に出発して鹿児島に8:10に到着するこの便。早朝に移動するので到着日も一日中たっぷり遊べるのでオススメです。

Peach航空が就航してからは、大阪から鹿児島に気軽にアクセスできて有難いです。

f:id:hiro-maki:20180509214338j:plain

ただ、7:00に関空出発するので、大阪市内の自宅を朝5:00くらいに車で出発しなければなりません。これが結構辛い。でも、到着日を有意義に使うためには仕方がない部分ではありますけどね・・

早朝に公共交通機関を使って関空にアクセスする場合は、結構な金額になりそうです。

www.airtrip.jp

鹿児島空港到着直前の一枚。飛行機の影がくっきりと見えていました。 f:id:hiro-maki:20180509214349j:plain

明るい農村で焼酎蔵見学

鹿児島空港に到着した後はレンタカーを借りて霧島神宮に向けて車を走らせました。

途中、私の好きな焼酎の「明るい農村」の看板が見えたので立ち寄ってみることにしました。

明るい農村

特に予約はしていなかったのですが、無料で焼酎蔵を見学させてもらえました!

明るい農村からの景色。のどかでいいところです。すぐとなりには霧島川が流れています。 f:id:hiro-maki:20180509221253j:plain

私が訪れたときは霧島川が濁っていました。新燃岳が噴火して火山灰が川に流れ込んだからだそうです。霧島川は鮎が釣れることで有名みたいですが、この様に火山灰が川に流れ込むと鮎も全滅らしいです。

明るい農村の石碑。 f:id:hiro-maki:20180509214420j:plain

焼酎が入るタンクです。 f:id:hiro-maki:20180509214431j:plain

明るい農村には直売所が併設されており試飲はもちろんのこと、限定の焼酎も販売されていますのでお土産を買うのにもちょうどいいと思います。

鹿児島空港から霧島神宮に向かう道中には是非立ち寄ってみてください。

霧島神宮に参拝

鹿児島県を訪れるのは4回目なのに、これまで霧島神宮に参拝できていなかったので今回は参拝しました。

www.kirishimajingu.or.jp

霧島神宮は西郷どんのオープニング(タイトルバック)の撮影地にもなっています。

西郷どんのオープニング(タイトルバック)の撮影地はこちらの記事に分かりやすくまとめられており、旅行の計画を立てるのに助かりました!カゴシマ・クリップさんに感謝です。 gem-clip.hatenablog.jp

霧島神宮の大鳥居です。かなり大きな鳥居です。 f:id:hiro-maki:20180509214504j:plain

~ふるさと霧島.comより~

霧島神宮前の大鳥居は、高さ22.4m、柱の間隔は16mで西日本一の壮大さを誇る。

車と鳥居を比較してもその大きさは分かるのですが、西日本一の壮大さらしいです。

ロータリーになっているところの中心にはこの様な柱がありました。 f:id:hiro-maki:20180509214806j:plain

本殿へ向かう三の鳥居を階段の下から眺めたところ。厳粛な空気が流れています。 f:id:hiro-maki:20180509214525j:plain

本殿。豪華絢爛な造りです。西の日光と呼ばれるのも納得いきます。 f:id:hiro-maki:20180509214741j:plain

本殿を拡大。立派な彫刻など、本当に豪華な造りです。 f:id:hiro-maki:20180509214706j:plain

御神木の杉。樹齢800年で高さは35メートル。本当に大きな御神木で、パワーをもらえる気がしました。

f:id:hiro-maki:20180509214625j:plain

お酢のレストラン桷志田(かくいだ)でランチ

霧島神宮から南大隅町の雄川の滝に向かう最中に立ち寄って「お酢のレストラン桷志田」で食事をしました。

www.kakuida.com

kurozurestaurant.com

黒酢で有名な福山町にある、その名の通り黒酢を使った料理のレストランです。

もともとは立ち寄る予定はありませんでしたが、お土産が充実していそうだったので休憩がてら寄ってみることに。

こちらの建物の2階がレストランで1階は物販です。物販もかなり充実していますし試食なども出来ますので、お土産選びにもちょうどいいです。 f:id:hiro-maki:20180509215055j:plain

レストランからの景色。錦江湾を眺められる絶好のロケーションです。 f:id:hiro-maki:20180509214909j:plain

全ての料理に黒酢が使われています。 f:id:hiro-maki:20180509214948j:plain

この酢豚が最高に美味しかったです。お酢を使った料理といえば、やはり酢豚ですよね! f:id:hiro-maki:20180509215004j:plain

こちらの黒酢黒豚軟骨カレーも美味しいです。 f:id:hiro-maki:20180509221008j:plain

税込み1,620円で絶好のロケーションの中で、黒酢が楽しめるコース料理をいただけます。どの料理も美味しかったです。都会だったら2,000円以上しそうなメニューですので、割安感はあります。たまの贅沢ランチはいいですね。

建物の外には実際に黒酢を作っている壷畑が広がっていました。 f:id:hiro-maki:20180509215039j:plain

壷畑には色んな花が咲いていて綺麗です。 f:id:hiro-maki:20180509214832j:plain

道の駅たるみず湯っ足り館

www.kagoshima-kankou.com

鹿児島県観光サイトより

目の前は雄大な桜島と錦江湾、対岸には霧島連山を臨む、絶景と癒しの道の駅です。 日本最大級かけ流しの足湯が人気で、垂水産の食材や鹿児島の特産品などが揃う物産館、お食事、温泉などが楽しめる観光施設です。

写真の通り、雄大な桜島と錦江湾を眺められます。 f:id:hiro-maki:20180509215111j:plain

この時だけかも知れませんが、かけ流しの足湯は少しぬるめだったので入りませんでした。残念。

みなと食堂で2度目のランチ?

お酢のレストラン桷志田にてランチを食べたにも関わらず、みなと食堂に立ち寄ってカンパチ丼を食べてしまいました。

まあ、いわゆるおやつですね(笑)

gurutabi.gnavi.co.jp

漁港直営の食堂。海沿いの気持ちいいロケーション。 f:id:hiro-maki:20180509215200j:plain

錦江湾で養殖された「かのやカンパチ」の漬け丼とあら炊きと味噌汁がついて700円のセット。 f:id:hiro-maki:20180509215143j:plain

この内容でこのお値段はかなりお得ですよね!?カンパチの漬けは九州独特の甘い味付けで美味しかったです。うな重の味に似ているように感じました。

新鮮さを味わうにはお刺身。新鮮なのでサクサクとした歯ごたえでした。 f:id:hiro-maki:20180509215128j:plain

地元のエビを使ったかき揚げもサクサクで美味しい。 f:id:hiro-maki:20180509221037j:plain

雄川の滝を上流・下流のそれぞれから

西郷どんのタイトルバックで印象的に使われている雄川の滝。エメラルドグリーンの滝壺を見たくて、わざわざ行ってきました。

しかし、雄川の滝は大隈半島の南部なので鹿児島市内などからはかなり遠いです。ここまでのほぼ1日掛かってしまいました。

雄川の滝までの道のり。遠かった。 f:id:hiro-maki:20180509215217j:plain

f:id:hiro-maki:20180509215228j:plain

f:id:hiro-maki:20180509215244j:plain

上流と下流と2つのビューポイントがありそれぞれ場所が離れています。

場所が分かりにくいので、予めきっちりと調べておかないと現地で迷いそうです。

雄川の滝(上流)

上流は車でアクセスしやすいのですが、滝の上から眺める形ですので、滝の良さがあまり伝わってこなかったです。 車を駐車してすぐ滝を見ることが出来ますが、イマイチ美しさが伝わってこない。 f:id:hiro-maki:20180509215259j:plain

まあ青いけど、

なんか違う・・

というのが正直な感想です。 f:id:hiro-maki:20180509215315j:plain

これは下流にも行かねば。

雄川の滝(下流)

下流は車で駐車場に行くにもひと苦労。車がすれ違うのも苦労する狭い道を通って駐車場へ。 駐車場からは片道1.2kmのハイキングコースを歩きます。

ハイキングコースの入り口にはこんな看板が。やはり西郷どんで盛り上がっています。 f:id:hiro-maki:20180509215341j:plain

ハイキングコースのすぐ横には綺麗な川が流れています。 f:id:hiro-maki:20180509215414j:plain

高低差があったり、足場が悪い箇所があったりで結構大変な道のりです。 f:id:hiro-maki:20180509215443j:plain

おおっ!西郷どんのオープニング映像で見る景色と同じです。これは結構感動しました。 f:id:hiro-maki:20180509215459j:plain

水量は少ないですが、滝壺付近はさすがに迫力がありました。 f:id:hiro-maki:20180509215521j:plain

垂水市の江ノ島

こちらも西郷どんのオープニング映像で使われている場所。せっかくなので立ち寄ってみました。 f:id:hiro-maki:20180509215537j:plain

こちらのさくら公園から江ノ島を眺められます。

桜島(有村溶岩展望所)

西郷どんのオープニング映像で最も印象的なシーンと言えば、西郷どんを演じる鈴木亮平さんがジャンプするシーンだと思います。その場所がこちら有村溶岩展望所です。

まさにこの景色ですね!鈴木亮平さんはこの柵の向こう側でジャンプをした様ですが、普段は立ち入り禁止エリアになります。柵の内側でうまく撮影すればそれっぽくジャンプした姿が撮影できます(笑) f:id:hiro-maki:20180509215618j:plain

桜島フェリーで鹿児島市街地へ

桜島フェリー|桜島フェリー

フェリーから眺める桜島は絶景です。15分程度の短い船旅ですが、十分に楽しめます。

f:id:hiro-maki:20180509215633j:plain

桜島フェリーと言えばやぶ金うどんだと思うのですが、17:00くらいで閉店するらしくこの日は残念ながら間に合いませんでした。

過去のやぶ金うどんの写真。 f:id:hiro-maki:20180522213328j:plain

さつま揚げが入ったあっさりうどんが美味しいです。 f:id:hiro-maki:20180522213331j:plain

さかなちゃんで海鮮料理

以前も鹿児島宿泊時に訪問したさかなちゃんに再訪しました。 www.hiromaki.net

つきだし。ここのつきだしは美味しいです。 f:id:hiro-maki:20180509215751j:plain

海鮮料理ではないですが、鹿児島ということで鳥刺し。これまで鳥刺しをまともに食べたことが無かったのですが、本場の鳥刺しは美味しかったです。 f:id:hiro-maki:20180509215821j:plain

揚げたてのさつま揚げ。揚げたてを食べる機会はなかなかありませんので、ここで食べるさつま揚げは絶品です。 f:id:hiro-maki:20180509215841j:plain

刺身盛り合わせ。お店の生け簀で泳いでいる魚のお刺身なので美味しいに決まってます。鹿児島の甘い醤油で食べるのがいいです。 f:id:hiro-maki:20180509215858j:plain

アラカブの唐揚げ。全国的な呼び方としてはカサゴだと思うのですが、鹿児島ではアラカブと呼ぶそうです。カリッと揚がった魚は美味いですねえ。 f:id:hiro-maki:20180509215922j:plain

名物の鯖の押し寿司。 f:id:hiro-maki:20180509221123j:plain

やはりさかなちゃんはオススメのお店です。

天文館むじゃきで白熊かき氷

mujyaki.co.jp

鹿児島は4回目なのに、これまで1度も行ったことがなかった天文館むじゃき。

f:id:hiro-maki:20180509220029j:plain

今回初めて白熊かき氷を食べたのですが、これは名物になるのが分かります。めちゃくちゃ美味いわ。 f:id:hiro-maki:20180509215950j:plain

かき氷という食べ物の概念が変わるくらい美味しい。海外からの観光客も多く、皆さん楽しそうでした。

サンデイズイン鹿児島に宿泊

www.sundaysinn.com

この日は土曜日だったのに2人8,640円というリーズナブルな価格で宿泊できました!天文館のど真ん中の立地がめちゃくちゃ便利なこのホテル。朝食バイキングも1人500円とリーズナブルで美味しかったです。

ホテルのロビー。焼酎の種類がすごい! f:id:hiro-maki:20180509215717j:plain

部屋はコンパクトながらも綺麗です。 f:id:hiro-maki:20180509215643j:plain

まとめ

鹿児島1日目はこんな感じで詰め込んだ内容となりました。朝8:00過ぎに鹿児島に到着したにも関わらず、行けた場所は少なめです。やはり、雄川の滝が鹿児島市街地などから離れすぎていました。

初めて鹿児島を訪れる場合なんかは、他にも見どころがたくさんあるので、私のコースの雄川の滝の部分を指宿や知覧方面に変えてもよいかもです。

それでは、後編に続きます!

www.hiromaki.net