ヒロログ

旅行、カメラ、ドローン、ガジェット、システム、etc.

【サンフランシスコ】治安の悪いエリアに注意すべし!テンダーロインやミッションなどのエリアは怖いよ!

f:id:hiro-maki:20180218105713p:plain

今回は、少しネガティブな記事ですが、サンフランシスコ旅行で感じた現地の治安についてです。

この記事が、今後サンフランシスコ旅行に行く人が現地の治安を調べる際に役立てば嬉しいです。

目次

サンフランシスコの治安

地球の歩き方などのガイドブックやインターネット上に書かれていますが、サンフランシスコの治安は場所によっては半端なく悪いです。

しかも、それらの治安の悪い場所というのが観光地から近いという厄介さがあります。

■サンフランシスコの治安についての記事

ryugaku-kuchikomi.com

micaringoo.com

www.tour.ne.jp

kurokuromaki2.hatenablog.com

ちなみに、地球の歩き方の付録の地図には治安の良くないエリアが色分けされています。その地図を持って、治安の良くないエリアを避けて行動すれば、怖い思いをする確立はかなり下がるだろうと思います。

■地球の歩き方の付録地図 f:id:hiro-maki:20171021124255j:plain 治安の良くないエリアはグレーに色分けされており、使い勝手がいいです。

旅行情報の収集だけではなく、現地で使う地図もバッチリな地球の歩き方。本当にオススメです。

B04 地球の歩き方 サンフランシスコとシリコンバレー 2018~2019

B04 地球の歩き方 サンフランシスコとシリコンバレー 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/10/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

ちなみに、サンフランシスコ全体の治安が悪いわけでは無いのでご安心を。ユニオン・スクエア周辺などの観光客の宿泊地であれば比較的治安が良いと感じました。

ただ、そんな観光地であってもホームレスや精神異常者がそれなりに徘徊しているので注意が必要だと思います。

私もユニオン・スクエア周辺で何度かホームレスに小銭をせびられました。でも、無視しておけば何もされませんでしたので、万が一その様な人に出くわしたら無視しておけばいいと思います。

観光地でもそんな有様ですので、スラム街なんかは本当に身の危険を感じるレベルの治安です。

「昼間だし、ちょっとの距離だから大丈夫かな?」みたいな感覚で行動していれば、いつか事件に巻き込まれるでしょう。

地球の歩き方などのガイドブックやインターネット上の記事等を事前に十分確認しておき、危ないところには近づかないことが一番大切だと思います。

また、サンフランシスコ在住の方の声を、YouTubeでチェックしておくのもいいかと思います。

ここからは、私が現地で「治安が悪いな、怖いな」と感じたエリアについて、書いてみたいと思います。

テンダーロインエリア

サンフランシスコの治安を調べていると、絶対に近づいてはいけないエリアとして色んな記事で言及されているこのエリア。

Uberで何度か通りましたので、その車窓から想像を絶する治安の悪さを感じました。

治安の悪さが日本のそれとは比べものにならないレベルです。私は大阪に住んでいますので、あいりん地区の様な治安の悪いところを知っているのですが、テンダーロインはそれとは比べ物にならないレベルです。

どの通りも歩道はホームレスが住むテントで埋め尽くされています。また、ゴミが散乱していて汚く、衛生面でも怖い印象を受けました。

■Googleで「tenderloin sanfranciso」で画像検索した結果 f:id:hiro-maki:20171021130107p:plain

ほとんどの画像にホームレスが写っています。

このテンダーロインエリアはユニオン・スクエアエリアのすぐ隣というのが厄介です。

「街歩きをしていたらウッカリ足を踏み入れていた。」なんていう状況も無きにしもあらずです。まあ、街の雰囲気が明らかに違うのでそんなケースは稀だとは思いますが、注意は必要ですね。

あと、ユニオン・スクエアの辺りに宿泊していて、ヘイズバレーなどに行くことがある場合、このテンダーロインエリアがちょうど真ん中にあって邪魔になります。正直、ユニオン・スクエア辺りからヘイズバレーなどへは歩いて行ける距離なんですよね。だからといって、歩きで行ってしまうと怖い思いをします。というより、実際に怖い思いをしました。(経験談)

「テンダーロインエリアでもマーケット・ストリート沿いは治安に問題が無いですよ」との情報をある旅行代理店で聞いていたので、マーケット・ストリート沿いを歩いてテンダーロインを横断してみたのですが、全然大丈夫じゃ無かったです。かなり怖かったです。

ツイッターなう。治安悪すぎ。

HIROKIさん(@hiromaki0720)がシェアした投稿 -

上のInstagramのPostはテンダーロイン地区にあるTwitter本社の前で投稿したものですが、かなり怖かった記憶があります。なお、Twitter本社の辺りまで行けばテンダーロイン地区でも、比較的治安に問題が無いように感じました。

マーケット・ストリートだから大丈夫と思ってと歩いたことを、めちゃくちゃ後悔しました。普通にUberに乗って移動すれば良かったです。

ユニオン・スクエア周辺から歩くに連れて、ホームレスや精神異常者が除々に増えていき、気がつけば周りは変な人しかいない状況になっていました。ほとんどのお店が鉄格子付きだと気付いたときには時すでに遅し。

歩道でゲロを吐いている人などもいてかなり怖かったです。

また、「We need money.」と話しかけてくる若い黒人女性もいました。かなり怖かったです。

引き返すのも怖いし、進むのも怖い。まさに進むも地獄、退くも地獄でした。

目の前にアメリカ人のカップルが歩いていたので、なんとか付いて行きましたが、本当に怖かったです。

運良く無事に生還できましたが、一歩間違っていれば・・・何かの事件に巻き込まれていたかも知れません。

ミッションエリア

日本でも人気のダンデライオンチョコレートがあるミッションエリア。

また、バレンシアストリート沿いにはオシャレなセレクトショップなどがたくさんありますので、買い物に行く人も多いエリアだと思います。

■ミッション地区のベトナム料理店に行ったときの記事 hirom.hatenablog.com

オシャレな雰囲気のいいエリアだったのですが、そんなエリアであっても治安が悪い場所がありました。

私はミッションまでBARTに乗っていったのですが、BARTの16th St.駅の周辺は治安が悪い様に感じました。BARTの駅から上がった辺りにはゴミなどが散らかっており、また、ホームレスも多く、殺伐とした印象でした。

バレンシアストリートの辺りまで行けば、治安が悪い印象はありませんでしたので、特にBARTの16th St.駅周辺などは警戒が必要だと感じました。

ミッションエリアへ行く場合、可能ならUberに乗っていったほうがいいと思います。

ウエスタン・アディションエリア(ジャパンセンターのすぐ南側)

観光に行くエリアではありませんが、日本人観光客ならジャパンセンターに行く可能性もありますよね。そんなジャパンセンターのすぐ南側にも治安の悪いエリアがあります。

私自身、ジャパンセンターに行く機会が無かったので、このエリアに踏み入れることはありませんでしたが、Uberでこのエリアを通過しました。車窓から街並みを見ていると、ぱっと見た感じは普通の住宅街の様に見えるのですが、よく見ていると至るところにガラの悪そうな人たちがたむろしていたりしました。 人通りが少ない感じでしたし、近づかないようにしたいですね。

ちなみにフルハウスのロケ地として有名なアラモ・スクエアからも割りと近いので注意が必要です。

www.tripadvisor.jp

サウス・オブ・マーケット(ソーマ)エリア

ユニオン・スクエアの近くの辺りには、ホテルやスーパーマーケットなどが点在しており、そんなに治安が悪い印象は受けませんでした。ただ、南側に行くにつれて浮浪者が多くなっていく感じでした。

特に、高速道路の辺りなんて、歩道がテントに埋め尽くされてました。 ユニオンスクエアに近い北側にあるシティターゲットに買い物に行くくらいなら全然大丈夫かと思いますが、カルトレインの駅に向かう場合なんかは特に注意が必要そうです。

まとめ

やはりガイドブックやインターネット上に治安が悪いと書かれている場所は立ち入らない様にしなければならないとあらためて感じました。

特に、テンダーロインエリアはユニオン・スクエアエリアのすぐ近くなので、うっかり足を踏み入れてしまわない様に、十分に注意したいですね。酔っ払ってテンダーロインエリアに入ってしまい、気がついたら事件に巻き込まれてなんてこともありえますから。

この様な治安の悪いエリアに入ってしまったら精神的にどっと疲れます。また、楽しい旅行が台無しになるかも知れませんので十分に注意してください。

上記のエリア以外も、やはりアメリカなので、日本の様な治安とは言えません。

ちょっとでも怖いと思ったら、引き返すとかUberに乗るなど自衛することが大切だと思います。

あまり心配ばかりしていても旅行を楽しめませんので、きっちりと現地の治安状況を把握した上で安全に楽しみたいですね!

それでは、以上です。